top of page
  • 執筆者の写真GAYA不動産

【ご利用事例】(CASE3)事業資金



困っている男女


リースバックご利用者様(プロフィール)

 

お住まい:埼玉県

家族構成:夫(55才) 妻(53才)

職業:夫(自営業) 妻(自営業)

物件:工場兼自宅


リースバックご利用の経緯

 

子供たちは巣立って、夫婦で慎ましく、小さな工場を営みながら暮らしていました。

コロナが流行した当初は少しずつ貯金を切り崩したり、国の支援金等を利用しながら、

なんとか乗り切っていました。

コロナが明けて、コロナ前のように売り上げも戻るかと予想していましたが、中々同じように戻るのには難しく、事業資金が必要となりました。それに追い打ちをかけるように、固定資産税や税金の負担もあり、愛着のある工場を畳もうかと悩んだりもしていました。

私たちは1階が工場、事務所、2階を住宅として利用していたので、工場を売ると必然的に住む場所もなくなってしまうので、どうしようかと悩んでいたところ、「リースバック」という方法を知り、10社一括査定ができる「GAYA不動産」に問い合わせをしました。



実際にご利用された感想

 

一般的なリースバックでは、賃料が売却価格と比例して決まると聞いてたので、

なるべく高い金額で売れて、尚且つ、賃料は抑えたいという希望を担当の方に伝えました。

また、コロナの状況に比べれば少しずつ売り上げも回復してきていたので、売却時の資金と合わせて、1~2年頑張れば買戻しも出来るかなと考えていたので、ご相談し、2年後に買戻しの特約を付けて契約しました。

担当の方には、こちらの要望をしっかりと聞いてもらい、可能な限りで希望に合う条件を出していただきました。自分たちの事業に早く専念できるよう、契約や販売活動などの諸業務に時間を多く割くことができないと思っていたので、業者への買取でお願いしました。

契約までとてもスムーズで短期間で現金化できたので、悩み事が一段落して一安心しました。

一つの危機を乗り越えて、夫婦でさらに事業を頑張っていこうという前向きな気持ちになりました。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page